気に入った物件の入居審査に通過するためには

気に入った賃貸物件が見つかっても、入居審査を通過しなければ、契約を結べません。入居審査では、まず入居希望者に家賃の支払い能力があるかチェックされます。定職に就いて安定した収入を得ていることは、賃貸物件の入居条件として欠かせません。収入が多くても、アルバイトなど定職とは言えない場合は、断られることもあるでしょう。定職であっても、職種についても制限されることがあります。ファミリー向けの賃貸住宅では、水商売といった夜間の接待業務などが忌避されることも珍しくありません。

中には、一部上場企業かまたはそれに匹敵する安定企業に勤務することを条件としている高級賃貸物件もあります。さらに、身元保証人の有無も重要です。保証会社に依頼することもできますが、親族などに身元保証人がいる方が、契約には有利と言えるでしょう。

年収が足りなくて審査に落ちないために

入居審査の中でも、最も厳しくチェックされるのは、収入の要件です。賃貸契約で一番重要な要素は、家賃を支払う能力があるかどうかという点だからです。賃料の高低にもよりますが、少なくとも、年間の所得が賃料の2倍以上無いと契約締結は難しいでしょう。理想としては、家賃の4倍以上の所得があることが望ましいと言われています。ただし、年収が基準に達していなくても、高収入の身元保証人を確保できたり、勤労所得以外に資力があると認められれば、入居審査をクリアできることもあります。もっとも、こうしたケースは例外的で、たとえどんなに気に入った住まいであっても、年収に見合わない賃料の物件を避けることが、賢明だと言えるでしょう。

札幌北区の賃貸は、単身者や学生を対象にした少人数向け集合住宅物件が主流です。交通アクセスの利便性が高く、大型スーパーや公園などの施設が徒歩圏内に多く見受けられます。自然と都市が融合するエリアです。